底地取扱店に相談しよう

底地取扱店借地権がついている所有権のことを底地と呼びますが、不動産の中にはこうした底地を取り扱っている底地取扱店があります。つまりこうした借地権付きの土地を扱うというのは不動産業界でも難しいことであり、どこの不動産屋さんでも扱っているものではないのです。

実際のところ借地権付きの物件を所有している借主の側からしても、借地として土地を貸している地主さん側からしても、借地権や底地の売買や扱いというのは個人でやるには難しすぎるものです。そこで底地取扱店の不動産業者に買取を依頼したり相談したりするのがおすすめです。

デリケートな交渉なども必要になりますし、弁護士や税理士と連携してもらう必要があるかもしれません。なんとなく近所の不動産屋に任せるのではなく、インターネットでしっかりと調べて底地取扱店に相談するようにしましょう。借主にとっても借地権付きの物件というのは売りにくい場合もありますし、地主側にとっても底地というのは収益をあげにくい資産です。人間関係を損なうことなく、双方が納得できるような形で底地を扱うためには個人で交渉するのではなく底地取扱店を間に挟んだほうが賢明でしょう。借地権の扱いや相続、売却で悩んでいる方は早速相談してみましょう。


推奨リンク/借地買取りドットコム
借地権売買の流れについて紹介しているピタットハウスのサイトです。

借地権の売却

時には自分が所有している建物を売却したいという場面があるでしょう。そしてその建物が建っている土地が借地ということも有り得ます。借地権付きの住宅として物件を売却するということがあるわけですが、このように借地権を売るという場合にはトラブルにつながりやすいので注意が必要です。まず借地権の売却には地主の承諾が必要なので、地主の意向を確認するわけですが、地主がそれを承諾せず土地を返してほしいと言い出すとトラブルに発展してしまうでしょう。借地には借地の一定のメリットがあるものの、所有権付きの物件よりも借地権付きの物件のほうが高値で売るのが難しくなることが多いです。

相談さらに土地を買い取ってしまいたいと思っても地主が承諾してくれなかったり、地主自体が変わってしまい地代の値上げや立ち退きを要求されるというケースもあるので、なにかとトラブルが絶えない分野だと言えるでしょう。借地権に関するルールは複雑なので、ともすると借地権の扱い方や地主の主張にどのように対応すればよいかに関して知識がなく、自分が損をするような決定をしてしまうことがあります。自分の今後の生活や権利を守るためにも正確で豊富な知識を持っている法律家や不動産の専門家に相談しましょう。

借地権の相続

借地権が元で起こるトラブルはたくさんありますが、そのうちの一つとして借地権の譲渡時や相続時のトラブルがあります。そうです、借地権はれっきとした権利なので、譲渡や相続が可能なものなのです。借地上に建物を持っていて、その所有者が建物を譲渡する場合、その建物が建っている土地の借地権も一緒に譲渡することが必要になります。しかしこの場合勝手に譲渡していいわけではなく、地主の承諾を得なければなりません。そしてその際には地主に承諾料などを支払うのが慣例です。

相談また親が借地を借りていた場合、その借地権を相続人が相続することが可能です。この相続に関しては地主から承諾を得る必要はないのですが、相続したことを伝えておく必要はあります。こうした譲渡や相続というものが複雑に絡み合った時に借主と地主それぞれの思惑や希望が交錯しますので、トラブルが起きやすいです。借地権の相続や譲渡が関係してくる場合はトラブルが起きる前に法律のプロに相談することをおすすめいたします。借地権のことに詳しい不動産業者や弁護士に仲介に入ってもらったり、正確な知識が得られるようにサポートしてもらうならば余計なトラブルを避け、物事を有利に運ぶことができるでしょう。

借地権はトラブルの元?

不動産関連の知識というものは複雑で、法律的な部分で改訂も多いので素人はなかなか正確な知識を取り入れるのが難しい分野です。そうした不動産関連の悩みやトラブルの中でも借地権に関するトラブルは多いようです。非常にトラブルが多いため不動産関連の案件を多く扱う弁護士事務所の中には借地権問題を得意な分野としている事務所もあるくらいです。貸主と借主の間で不公平感がありなかなか納得いく形で和解できないことが原因でしょう。

トラブルまず借地権というものは借主の権利を守るものであり、地主さんが所有している土地の上に借主の所有している建物があるような場合に関係してくる権利です。この借地権は強力に借主の権利を守っているので、地主は自分の土地であるにも関わらずその土地を自由にできるわけでも、地主の立場を利用して借主に出ていくように強制することもできないのです。元々は立場が弱くなりがちな借主を守るために設けられた仕組みがなぜか不公平感を逆に生み出してしまっているわけです。

借地権がかかっている建物を持っていても自分の勝手にその家を売ることもできませんし、名義人を変えたい場合には地主に承諾料を支払わなければならないことになっています。こうした仕組みも時にトラブルの種となり、借主と地主との間に軋轢を生むことになります。地主と借主の人間関係は良好でないと余計なストレスやトラブルに発展しかねないので、専門の弁護士や知識豊かな不動産業者に仲介を求めることが必要になります。