時には自分が所有している建物を売却したいという場面があるでしょう。そしてその建物が建っている土地が借地ということも有り得ます。借地権付きの住宅として物件を売却するということがあるわけですが、このように借地権を売るという場合にはトラブルにつながりやすいので注意が必要です。まず借地権の売却には地主の承諾が必要なので、地主の意向を確認するわけですが、地主がそれを承諾せず土地を返してほしいと言い出すとトラブルに発展してしまうでしょう。借地には借地の一定のメリットがあるものの、所有権付きの物件よりも借地権付きの物件のほうが高値で売るのが難しくなることが多いです。

相談さらに土地を買い取ってしまいたいと思っても地主が承諾してくれなかったり、地主自体が変わってしまい地代の値上げや立ち退きを要求されるというケースもあるので、なにかとトラブルが絶えない分野だと言えるでしょう。借地権に関するルールは複雑なので、ともすると借地権の扱い方や地主の主張にどのように対応すればよいかに関して知識がなく、自分が損をするような決定をしてしまうことがあります。自分の今後の生活や権利を守るためにも正確で豊富な知識を持っている法律家や不動産の専門家に相談しましょう。