借地権はトラブルの元?

不動産関連の知識というものは複雑で、法律的な部分で改訂も多いので素人はなかなか正確な知識を取り入れるのが難しい分野です。そうした不動産関連の悩みやトラブルの中でも借地権に関するトラブルは多いようです。非常にトラブルが多いため不動産関連の案件を多く扱う弁護士事務所の中には借地権問題を得意な分野としている事務所もあるくらいです。貸主と借主の間で不公平感がありなかなか納得いく形で和解できないことが原因でしょう。

トラブルまず借地権というものは借主の権利を守るものであり、地主さんが所有している土地の上に借主の所有している建物があるような場合に関係してくる権利です。この借地権は強力に借主の権利を守っているので、地主は自分の土地であるにも関わらずその土地を自由にできるわけでも、地主の立場を利用して借主に出ていくように強制することもできないのです。元々は立場が弱くなりがちな借主を守るために設けられた仕組みがなぜか不公平感を逆に生み出してしまっているわけです。

借地権がかかっている建物を持っていても自分の勝手にその家を売ることもできませんし、名義人を変えたい場合には地主に承諾料を支払わなければならないことになっています。こうした仕組みも時にトラブルの種となり、借主と地主との間に軋轢を生むことになります。地主と借主の人間関係は良好でないと余計なストレスやトラブルに発展しかねないので、専門の弁護士や知識豊かな不動産業者に仲介を求めることが必要になります。