借地権が元で起こるトラブルはたくさんありますが、そのうちの一つとして借地権の譲渡時や相続時のトラブルがあります。そうです、借地権はれっきとした権利なので、譲渡や相続が可能なものなのです。借地上に建物を持っていて、その所有者が建物を譲渡する場合、その建物が建っている土地の借地権も一緒に譲渡することが必要になります。しかしこの場合勝手に譲渡していいわけではなく、地主の承諾を得なければなりません。そしてその際には地主に承諾料などを支払うのが慣例です。

相談また親が借地を借りていた場合、その借地権を相続人が相続することが可能です。この相続に関しては地主から承諾を得る必要はないのですが、相続したことを伝えておく必要はあります。こうした譲渡や相続というものが複雑に絡み合った時に借主と地主それぞれの思惑や希望が交錯しますので、トラブルが起きやすいです。借地権の相続や譲渡が関係してくる場合はトラブルが起きる前に法律のプロに相談することをおすすめいたします。借地権のことに詳しい不動産業者や弁護士に仲介に入ってもらったり、正確な知識が得られるようにサポートしてもらうならば余計なトラブルを避け、物事を有利に運ぶことができるでしょう。